FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットからの手紙-4

『牧野つくし様

.........................................

            道明寺楓』

差し出し主の名前と、自分の名前を交互に何度も確認する。


なんで・・・・・・?


だって、私が出したのは・・・・・・・。



ガチャ


部屋に響いた、鍵を開ける音に思わず体をびくっとさせ、とっさに手紙を座布団の下に押し込んだ。

ゆっくり振り返ると、道明寺が紙袋を片手に、靴を脱ぎ始めていた。


「お、おかえり」

「ただいま」

紙袋をコタツの上におき、当たり前のようにつくしに抱きついてくる。

あごをつくしの方におき、全体重をかけてくる。

「お、重い・・・」

「1か月ぶりなんだから、堪能させろ」

まるで犬のようにつくしの香りをクンクン嗅いでいる。

「電話してたじゃん。」

「あんまり話してないだろう。」


そう言って、体をつくしから離し持ってきた持ってきた紙袋からおいしそうな料理とワインを取り出す。

「夕食まだだろう。」

「なんで知っているの?」

「おまえが退社したって、西田から聞いて用意させた。」


付き合って長い月日が経とうともつくしにたいしての優しさは年々増すばかり、最近では自分のそっけなさと比較して申し訳なくなるほどだ。

これで、結婚と迫ってくることさえなければ・・・・・。

そういって、手紙が下にある座布団を見つめた。


「今日は、ここに座れってことか?」

じっと、座布団を見つめるつくしの意図を勘違いした司が、座布団に座った。

「・・・・・・・・・・・・・。」

じっと見つめるつくしを不審に思ったのか

「ここに座ったらいけなかったのか?」

「そ、そんなことないよ。」

あの手紙を見られるわけにはいけない。

まだ、鉄の女からの手紙の内容も読んでいない。

司に気づかれないように

「おなかすいたし、ご飯にしよっか。」


手紙は後で、こっそりしまうことにして、つくしは食事の準備をし始めた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。