FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットからの手紙-2


手紙を前に、じっとその封筒を見つめていた。

ふと、カレンダーに目をやると 明日の日付に×マークが付いている。


「そういえば、明日帰国する日だ・・・・。」

帰国したら、またさんざん結婚と脅してくる・・・いや 強制してくることが分かっていてため息をもらした。

いや、その心配の前にしばらく睡眠不足か・・・。

これまでも長い出張の後には連日夜に部屋に侵入(鍵は渡したのだが、こんなに横暴な使い方をされるとは思っていなく0て)し、居座ることが多く

「はあ・・・・」


つくしとて、逢いたくないわけではないがいろいろ進めようとするスピードについていけず・・・。

忙しくゆっくり逢えたことも少なく、もう少し、恋人らしいことを楽しみたいという気持ちが大きくて・・・。


長く離れていた恋人に対して、もっと恋人でいたいという勇気もなく、そんなことを言ったら数日ベットから出られない・・・。

ベットではなく、あかるい日差しの公園でのんびりしたいと思うつくし。

一回、試みたところパパラッチもどきに邪魔されて、あえなくメープルに避難することに。

まだ、お弁当さえ広げてなかった。

パパラッチの件もあり、外でのデートも思うように出来ていない。

写真は道明寺のおかげで、雑誌に載ることもなく、代わりに仕事で接触のある女性との写真が掲載されるようになった。

写真の相手に関しては、その都度説明され、西田さんにもカモフラージュですのでご安心をと言われている。

言われて理解はしているものの、感情では本心は納得出来ていない。

もちろん、そんなことを言ったりするような性格ではないが。



大きくため息をついた後、手紙に目線を戻した。




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。