FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琥珀色27

「今日はおめでとうございます。優紀さん。」

「ありがとうございます。」


彼女が松岡に対してお祝いを伝えている。


「いつ頃、お式ですか?」

「夏頃に予定しています。」

「良かったら式にも参列させていただきたいです。」

「ぜひ、きてくださいね。」


女同士で結婚式の話題で盛り上がっている。


その間もずっと彼女から目が離せない。

他の奴は会話をしながら、普段通りの態度をとりながら俺の態度を窺っているのがわかる。

彼女の隣に立つ男が俺の目線に気が付いて睨みつけてきている。


目線をそらすことなくお互い無言で睨み合っている。

周囲の奴らが雰囲気に気がついて遠巻きに見ている。


松岡と話している彼女に相槌求められ、隣の男は優しく相槌をうつ。

しかし、すぐに俺に視線を戻す。


彼女がやっと不穏な空気に気がついた。


「どうしたの?サム?」

彼女が俺を見ながら、やつに問いかける。

「いや。なんでもない。アン。」

そう言って、やつはまた彼女に笑いかけ、二人してこちらに向きを変えた。

「はじめまして。MR.道明寺。 サミュエル・ミラーです。」

「はじめまして。琥珀・スミスです。」

彼女に自己紹介され、頭に浮かぶのはやはり彼女ではないということ。

何を期待していたのだろう・・・・・・・・・・・・・。



男のほうは、自己紹介が終わったのをいいことに、

「アンも疲れているようですので、休憩してきます。
それでは、Mr.西門。」

そう言って、男のほうはこの場から離れる意思を示した。

「それでは、優紀さん。またお茶をいただきにお邪魔させてください。」

「アンさん。お待ちしています。」

彼女かやつから離れて、松岡にあいさつした後、一歩踏み出した。

彼女の体が少しふらついた。

とっさに差し出された手を彼女はつかみ、体勢を立て直した。

「すいません。ヒールに慣れなくて・・・・。」

そう言ってつかんだ手は、俺の手だった。

掴んだ手を見つめたまま、身動きが出来なかった・・・・・・。


「あの・・・・ありがとうございました。」


いつまでも手を放そうとしない俺に不審な顔を見せてくる。

「ありがとうございます。アン、行こう。」

そう言って、彼女を俺から引き離し、二人は立ち去って行った。

「司・・・・。」




そう言って,隣に立つ男を見上げたあと、俺を見た。








スポンサーサイト

コメント

No title

気になりますね♪
また来ます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。