FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琥珀色4

司サイド

気軽な学生とは違い、明日のことを考えて日が変わる前にはやつらは帰って行った。

自宅の自室に帰って、胸ポケットからペンダントを取り出した。

デスクの上に置き、シャワーを浴びた。

頭をガシガシ拭きながらも意識がペンダントにいく。

なぜあんなものにF3が固執するのかがわからない。

デスクの上のペンダントが気になるが、考えるのも面倒になって、ベッドに潜り込んだ。


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・


でもいくらまっても寝付けない。

時々、寝つきが悪いこともあるが

気持ちが落ち着かないのは、仕事のことじゃあないのはわかっている。


いくら頭からふりはなっても、考えずにはいられない。

1時間ほど寝返りをうちながら、明日の予定が4時間後に迫っていた。


明日のことを考えると、そろそろ寝ないと響いてくる。


諦めて、体を起こし、デスクの上のペンダントを手に取った。


訳の解らない安心感に満たされ、そのままベッドに戻った。


さっきまでの眠れないのが嘘のように急に眠気がきて、そのまま寝ていた。





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


司 夢の中



「逢えなくても10年は待っててあげる。」


「10年、27までかよ。


その前に迎えに行く、1年もあれば十分」


そう答えた俺をあきれた顔をしたあいつが


あいつって誰だ…



「まあ、期待せずにいるね」


ふざけんなといいそうになって、やめた。


今にも泣きそうな、潤んだ目で見上げてくる、口と気持ちが不一致な奴、

あいつを抱き寄せて、おでこにキスをした

全身が真っ赤になったのを見ていると、自分も真っ赤だろう。


さっきまでの行為で疲れきっているのはわかっている。

これ以上無理させられないと理性を総動員して、抱きしめた。




手を伸ばしても届かない、目の前が真っ暗になっていく、あいつの泣きそうな顔、馬鹿、泣くんじゃねえ!




思うように動かない体、イラつく気持ちを持て余して、八つ当たりした。


類となんで一緒に来るんだ…そばにいろ。


「もう来ない。あたしが好きだったあんたはもういないんだね。」







********************************************












大学4年の時だった。


類たちとは違って、大学在学時から実際に仕事を始めていた。


そんな中、夏休みだと言ってNYに遊びに来た。


総「最後の夏休みの思い出た」

あ「たまにはつきあえよ。4月からはおれたちも予定が詰まってくるからさ」


司「なら、こいつはNYまで来て昼寝かよ。日本でやってろ」



仕事がおわり、メープルで合流する。

メープルには、滋と桜子も待ち構えていて、飲み始めていた。




ドアノブに手をかけて、開けようとした時だ。




総二郎「行方不明!!」

類「飛行機が行方不明らしい」

あ「らしいって、どういうこと」

類「解らない」

総「海上だって」

類「正確な情報が何もない」

滋「類君、会ってたんだよね。そっとしておこうって言ったけど、見守ってたんじゃあなかったの」

桜「滋さん。落ち着いてください。」


扉を開けて部屋に入ると、一斉にこっちを向いた。


みんなが青ざめて話している。俺も頭痛がする。

「「「司!!」」」




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。