スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットからの手紙-4

『牧野つくし様

.........................................

            道明寺楓』

差し出し主の名前と、自分の名前を交互に何度も確認する。


なんで・・・・・・?


だって、私が出したのは・・・・・・・。



ガチャ


部屋に響いた、鍵を開ける音に思わず体をびくっとさせ、とっさに手紙を座布団の下に押し込んだ。

ゆっくり振り返ると、道明寺が紙袋を片手に、靴を脱ぎ始めていた。


「お、おかえり」

「ただいま」

紙袋をコタツの上におき、当たり前のようにつくしに抱きついてくる。

あごをつくしの方におき、全体重をかけてくる。

「お、重い・・・」

「1か月ぶりなんだから、堪能させろ」

まるで犬のようにつくしの香りをクンクン嗅いでいる。

「電話してたじゃん。」

「あんまり話してないだろう。」


そう言って、体をつくしから離し持ってきた持ってきた紙袋からおいしそうな料理とワインを取り出す。

「夕食まだだろう。」

「なんで知っているの?」

「おまえが退社したって、西田から聞いて用意させた。」


付き合って長い月日が経とうともつくしにたいしての優しさは年々増すばかり、最近では自分のそっけなさと比較して申し訳なくなるほどだ。

これで、結婚と迫ってくることさえなければ・・・・・。

そういって、手紙が下にある座布団を見つめた。


「今日は、ここに座れってことか?」

じっと、座布団を見つめるつくしの意図を勘違いした司が、座布団に座った。

「・・・・・・・・・・・・・。」

じっと見つめるつくしを不審に思ったのか

「ここに座ったらいけなかったのか?」

「そ、そんなことないよ。」

あの手紙を見られるわけにはいけない。

まだ、鉄の女からの手紙の内容も読んでいない。

司に気づかれないように

「おなかすいたし、ご飯にしよっか。」


手紙は後で、こっそりしまうことにして、つくしは食事の準備をし始めた。

スポンサーサイト

ジュリエットからの手紙-3

続きを読む »

ジュリエットからの手紙-2


手紙を前に、じっとその封筒を見つめていた。

ふと、カレンダーに目をやると 明日の日付に×マークが付いている。


「そういえば、明日帰国する日だ・・・・。」

帰国したら、またさんざん結婚と脅してくる・・・いや 強制してくることが分かっていてため息をもらした。

いや、その心配の前にしばらく睡眠不足か・・・。

これまでも長い出張の後には連日夜に部屋に侵入(鍵は渡したのだが、こんなに横暴な使い方をされるとは思っていなく0て)し、居座ることが多く

「はあ・・・・」


つくしとて、逢いたくないわけではないがいろいろ進めようとするスピードについていけず・・・。

忙しくゆっくり逢えたことも少なく、もう少し、恋人らしいことを楽しみたいという気持ちが大きくて・・・。


長く離れていた恋人に対して、もっと恋人でいたいという勇気もなく、そんなことを言ったら数日ベットから出られない・・・。

ベットではなく、あかるい日差しの公園でのんびりしたいと思うつくし。

一回、試みたところパパラッチもどきに邪魔されて、あえなくメープルに避難することに。

まだ、お弁当さえ広げてなかった。

パパラッチの件もあり、外でのデートも思うように出来ていない。

写真は道明寺のおかげで、雑誌に載ることもなく、代わりに仕事で接触のある女性との写真が掲載されるようになった。

写真の相手に関しては、その都度説明され、西田さんにもカモフラージュですのでご安心をと言われている。

言われて理解はしているものの、感情では本心は納得出来ていない。

もちろん、そんなことを言ったりするような性格ではないが。



大きくため息をついた後、手紙に目線を戻した。




ジュリエットからの手紙-1

その日の仕事を終え、9時過ぎに自宅に着いた。

毎日の習慣で、ポストを開けると・・・・・・・

「本当に返事がきた・・・・・・」


急いで階段をのぼり、鍵を開けた。

荷物を放り出して、部屋のコタツ机の上に手紙を置いた。

開封する決心がつかず、じっと手紙を見ていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「いい加減、判子押せよ」

「今は、業務時間内ですので、プライベートなことに関してはお答えしかねます。」


「ちぇ」


つくしが向かい合っているのは、我儘上司・・・いや彼氏・・・でもある道明寺日本支社服副社長

道明寺司

先月も雑誌に取り上げられ、最近では柔らかい笑顔を見せるようになったこともあり人気上昇中。

しかしながら、彼女であるはずのつくしは最近、そっけない。

企画課で働き、メキメキ企画を成功させているつくし。

人当たりも良く、司に呼び出されていても企画のためといえば、その色気のなさから、誰一人司との関係を疑う者はいない。


そのせいか、つくしの周りには彼女に好意をいだく男が後を絶たず・・・・、早く入籍したいと司は望んでいるのだが、
つくしは一向に首を縦に振らず、もう少し相応しくなってからと言い訳ばかり。。。。

一秒でも早く、結婚したいと日々アプローチをするものの、あえなく玉砕、・・連敗中。








________________________________

「いつでも、好きな時になさい。」

「は?」

「相変わらず理解が遅いようね。」

いやいや、最初の言葉で理解できるのは西田さんぐらいです。

つくしは楓に言われたことをもう一度、考えるが思いつかない。最近の企画で特に失敗はなしいし、社長である楓のスケジュールを調整していただくこともないはず・・・・・・。

考え込んでいるつくしを前に、深いため息をつき言葉を続ける。

「入籍はいつでも構わないということです。」

「入籍!!!、え?え?」

「司から入籍したいと申し出が以前からありました。その返事ですが、あなたは何も聞いていないの?」

深いため息とともに、あきれ果てたようにつくしを見つめた。

・・・・確かに、付き合い始めてもう7年。遠距離が4年あったけど、入籍??

NYから帰国して、逢うたびに入籍を迫られてはいたものの、楓の許可がないとと突っぱねて3年。

楓の許可が出たからには、安心していられるが・・・・


「まだ、あなたが決心がつかないのね。」

「はい・・・」


「二人で相談しなさい。」

「・・・・・はい・・・」


_______________________________________


このやり取りを受けてもなお、つくしは決心が付かない。

都合のいいことに、この日から司は約1カ月海外出張となっていた。


電話でのやり取りはあるものの、司の訪問がないこともあり、のんびりした日々を過ごしていたつくし。

ゆっくりと部屋過ごすある日、TVで流れるの映画に気持ちを持って行かれた。

映画を観終わった後、ちょっとした調べ物をした後、便箋と封筒を手に、手紙を書き始めた。

その手紙の行き先は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






******************************

更新もせず、放置していたのに、優しい言葉をいただきありがとうございます(*^_^*)

確かにモチベーションの維持は大変((+_+))

のんびり自分のペースで行きたいと思います。

つきましては、短編で(^-^)






琥珀色27

「今日はおめでとうございます。優紀さん。」

「ありがとうございます。」


彼女が松岡に対してお祝いを伝えている。


「いつ頃、お式ですか?」

「夏頃に予定しています。」

「良かったら式にも参列させていただきたいです。」

「ぜひ、きてくださいね。」


女同士で結婚式の話題で盛り上がっている。


その間もずっと彼女から目が離せない。

他の奴は会話をしながら、普段通りの態度をとりながら俺の態度を窺っているのがわかる。

彼女の隣に立つ男が俺の目線に気が付いて睨みつけてきている。


目線をそらすことなくお互い無言で睨み合っている。

周囲の奴らが雰囲気に気がついて遠巻きに見ている。


松岡と話している彼女に相槌求められ、隣の男は優しく相槌をうつ。

しかし、すぐに俺に視線を戻す。


彼女がやっと不穏な空気に気がついた。


「どうしたの?サム?」

彼女が俺を見ながら、やつに問いかける。

「いや。なんでもない。アン。」

そう言って、やつはまた彼女に笑いかけ、二人してこちらに向きを変えた。

「はじめまして。MR.道明寺。 サミュエル・ミラーです。」

「はじめまして。琥珀・スミスです。」

彼女に自己紹介され、頭に浮かぶのはやはり彼女ではないということ。

何を期待していたのだろう・・・・・・・・・・・・・。



男のほうは、自己紹介が終わったのをいいことに、

「アンも疲れているようですので、休憩してきます。
それでは、Mr.西門。」

そう言って、男のほうはこの場から離れる意思を示した。

「それでは、優紀さん。またお茶をいただきにお邪魔させてください。」

「アンさん。お待ちしています。」

彼女かやつから離れて、松岡にあいさつした後、一歩踏み出した。

彼女の体が少しふらついた。

とっさに差し出された手を彼女はつかみ、体勢を立て直した。

「すいません。ヒールに慣れなくて・・・・。」

そう言ってつかんだ手は、俺の手だった。

掴んだ手を見つめたまま、身動きが出来なかった・・・・・・。


「あの・・・・ありがとうございました。」


いつまでも手を放そうとしない俺に不審な顔を見せてくる。

「ありがとうございます。アン、行こう。」

そう言って、彼女を俺から引き離し、二人は立ち去って行った。

「司・・・・。」




そう言って,隣に立つ男を見上げたあと、俺を見た。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。